老人保健施設で求められる能力

老人保健施設とは一般的に老健と略して呼ばれていて、医療ケアやリハビリを受けることを前提とした介護施設になります。特徴としては、利用者自身が入院治療が必要な状況ではなく、症状が安定していながら自宅での介護が困難な場合に活用することが可能になる点です。注意点としては老健は医療ケアやリハビリを行う場所であり、自宅での介護を前提としてのフォローを行う場所となっています。それゆえ特別養護老人ホームのように手厚いサポートは不要になります。

また、利用者の介護をするだけではなく、その家族との接し方も求められます。こうした背景から介護をはじめたばかりの初心者にはなかなか厳しい労働環境になりがちであり、介護が体力勝負であるのは当然ですが、精神面の耐性も必要となってきます。老人保健施設は自宅での介護を目的としているので、家族のフォローやケアも重要なポイントになってきます。

担当する人が増えることによって、責任や仕事も増えていきます。そういったことから、ある程度の経験を積んでいた人が求められる傾向にあります。そうした大変な仕事ですが、やりがいが大きいのも事実です。毎日のリハビリで、お年寄りを在宅復帰させる喜びを味わうことができるのは、老年保健施設ならではだといえます。他の特養老人ホームなどに比べて、要介護認定が低いという面もあるため、介護よりもコミュニケーションの方が求められます。そうした背景を考えれば、人との会話が好きな方に向いているといえるでしょう。もし自身がやりたいケアに近いと感じるのなら、まず老人保健施設の仕事環境について調べてみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP