注目が集まる老人保健施設

高齢者の増加とともに、老人保健施設に人々の関心のスポットライトが当たっています。これから高齢者になる多くの方々が興味関心を寄せているという証拠でしょう。

多くの施設で、増え続ける高齢者に収容数が追いついていないという問題が浮き彫りになっており、介護現場においても、医療現場と同様に常に緊張感が漂う現場として知られています。入所者や通所者に介護サービスを行うのが仕事内容であり、人の命の尊厳や生きていくことの難しさに直面する現場です。国や自治体が声高に叫ぶ介護サービスを実現させていくのは、現場を支える介護士やケアマネージャーなどの従事者であり、その従事者に寄せられる期待は大きなものになります。

具体的な仕事内容として、介護を必要とする入所者や通所者に対して、日常生活のサポートをすることになります。着替えや食事、排せつのサポートをはじめ、入浴介助や口腔ケアなども含まれます。ただ、老人保健施設は在宅復帰を考えたものであるため、必要以上のサポートをするのはむしろ迷惑行為になってしまいます。ここが難しいところだといえるでしょう。

増え続ける高齢者の中には、要介護認定を受ける人も多く、介護士の数が増えない限り、介護士一人当たりがこなす仕事が増えることになります。認可された老人保健施設に入所することを希望するにもかかわらず、その数が足りないということから、割高とされる民間の介護施設やケアハウスでの生活を余儀なくされる人も多いのが実態なのです。老人保健施設での仕事は、入所者や通所者がいる限り、仕事が無くなることは決してないのです。それらをポジティブにとらえれば、やりがいのある仕事といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP