需要が増え続ける介護業界

介護現場での人材不足が話題になって久しくなります。また最近では、人材が集まらずに閉鎖される介護施設、また新しい介護施設がオープンしたものの介護従事者が少なくて入居者を増やせないケースなども増えています。

しかしながら、日本は超高齢社会を迎え、これからも介護の仕事先は増え続けると予想されています。政府も介護職の待遇改善や医療分野と連携した介護の新たな可能性などに注目しています。介護の仕事は離職率も高く報酬も決して良くないと言われていますが、実際には介護職への転職を希望する人が大勢いるのが現実です。その理由としては、未経験者でも始められることがあげられるでしょう。

介護系の職につくための最初の目標としては、介護職員初任者研修資格を取得し、3年の実務経験を積めば介護福祉士の受験資格を取得して報酬アップを期待できます。またいずれは正社員として働いたり、施設管理者というポストで働くことも可能です。また1年も働けば実務経験者として見なされるため、同じ介護の分野での転職も比較的容易になります。求人数が安定しているため、急なライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

施設によって待遇や環境、人間関係は大きくことなるので経験を積んだ後に、さらに条件の良い施設に移ることもできるでしょう。こうした理由もあり多くの人が介護職への転職を希望しています。また人と接する仕事なので仕事上のスキルや知識だけでなく、人としても成長できるのでやりがいがある仕事と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP